スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サイクロップス」視聴。

古代ローマ版、キングコング。

CGのサイクロップスは序盤であっさり捕獲され、あとはちょいちょい逃げ出して暴れて、コロシアムのラスボスとして登場するくらい。

どっちかっていうと、陰謀で剣闘士に落とされた将軍(主人公)が反乱を起こす流れがメイン。
途中でサクロプスと友情(?)みたいなのをはぐくむけど、これまたサイクロップスはラストであっさり死亡。

というか、この映画、基本的にサイクロップスいらなくね。
スポンサーサイト

「本当にあった怖い都市伝説3」視聴。

桜金造がストーリーテラー役を勤めるシリーズ。ビデオ屋とかだと、わりと人気に見える(新作が結構、貸し出しになってる)けど、個人的には僕、この人、怪談に向いてないって思うんだけど。

なんというか、ものすごい安い仕事。60分かそこらの尺いっぱい、ホームレスに扮した桜金造が、拾ったノーパソに表示されてる都市伝説を朗読するってだけ。
若干、再現ドラマ的なのも入ったけど、あくまで演出レベル。しかも「いま?」ってレベルの話ばかりでどうにもこうにも(ただまぁ、そういう「今更」なものを改めて採用するのも、それはそれで「入門」的な意味合いも出るので、題材としては否定するものじゃないけど)。
この手の商売は、稲川淳二レベルまで芸になってないときついなぁ。

そういやつまみ枝豆も怪談キャラやめちゃったね。営業とかではまだやってんのかな。

「スレイヤーズ」視聴。

あらいずみるい絵のやつじゃなく。

オーソドックスなヴァンパイア映画。じゃっかん、今風ゾンビ(走る)風味。
ジャングルを侵攻する特殊部隊がヴァンパイアと遭遇してなんやかんや。
ヴァンパイアがマイノリティ種族として認知されてる(ある程度、現地の人間と共存してる)ってのは、まぁ、丁寧な部類かも。
低予算ながら、映画の基本は守りつつ、でもやっぱり地味。ラスボスまで、基本、心臓に杭一発ってのはどうだろうか。
「倒した!」→「実はまだ生きてる(ババーン)」の展開も飽きはくるけど、さすがになんもないってのも寂しいなぁ。
てっきり、序盤でいいだけ前フリしてた幼馴染みがヴァンパイア化して……って流れを活かすかと思ったら、わりとあっさり片付いちゃったし(しかもそれっきり特に何の感慨もなくスルー)。

ざんていっ!

暫定設置であります。
暫定のまま5年とか放置したらどうしよう。どうもこうも。
プロフィール

神堂劾

Author:神堂劾
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。